スーツで脚を長く見せるコツとは?脚が短い私がしている工夫

パンツ,カッコいい経営者の着こなし

 

こんにちは!アプンティートの高田総一郎です。

 

スーツを通して経営者の皆さまにさらなる自信をお届けしております!

 

「スーツスタイルでもできるだけ脚長に見せたい!」

 

そんな風に思われる方がたくさんいらっしゃると思います。

 

私もその一人です。

 

私とお会いしたことがある方の中には、既にご存知の方、薄々気づかれている方も多いと思いますが、実は、アプンティート高田はとても脚が短いです(笑)。それもかなりの短さです(泣)。密かに自分のコンプレックスでもあります。

 

今日は、そんな私が1cmでも脚が長く見えるようにスーツを着る際に工夫していることを書かせていただきます。

 


脚長に見せるにはサイズ感が大切

 

脚を長く見せるには適切なサイズ感がすべてだと言ってしまっても良いと思います。と言うのは、同じ脚の長さでも、長い、短い、と印象が変わるのは視覚効果によるものだからです。

 

 

↓どちらも私です。左と右どちらが脚長に見えますか?

 

 


左の方が脚が長く見えませんか?

 

 

それでは工夫していることを解説させていただきます。

 

工夫しているといっても、

 

①ポイントを上に上げ、脚が見える面積を増やす
②スリムに仕上げる

 

の2パターンだけです。

 


ポイントを上に上げ、脚が見える面積を増やす

 

脚長に見せるには、できるだけポイントを上半身にいくようにすること、脚が見える面積を増やすことが大切です。そうすれば、視覚効果で脚がやや長く見えます。

 


股上を深くする

 

股上をやや深くし、ウエストのポイントを上に上げつつ、同時に縦長に面積を増やします。細かいことですが意外に大切です。

※昔の年配の方が着られていたほどの深さではないのでご安心ください。

 


パンツ丈を適切な丈にする

 

脚を長く見せたいからといって、パンツ丈を長くし過ぎるのは逆効果です。なぜなら、ポイントが下に下がってしまうからです。上の写真右のようにパンツの裾がたわみ過ぎてしまいますと、ポイントが下がると同時にバランスが悪くなり、逆に脚が短く見えてしまいます。

 

脚長に見せるには、裾をあまりたわませず、スッキリとさせることが必要です。

 

私はファッション業界の人間ですので、少しオシャレを意識し短めな丈のパンツを履いておりますが、信頼感が大切な経営者の方にはワンクッションをお勧めしております。

 

ワンクッションとは、パンツの裾が脚の甲に当たってややたわむぐらいの丈の長さです。

 

 

ワンクッションです。

 

 

スリムに仕上げる

 

パンツをスリムに仕上げれば、脚長に見せることができます。俗に言うスラッとした印象です。

 

 

膝から裾にかけて細みに仕上げる

 

スリムに仕上げるといっても、スキニーデニムのように、上から下まで細く仕上げるということではありません。元々脚長な方はスキニーデニムを履いて、より脚長に見えるのですが、そうではない方、私のような人間は少し工夫が必要です。

 

大切なのは裾にかけて徐々に細くなっていることです。(テーパードシルエットと言います)
太い部分と細い部分との差(太ももと裾の差)が脚長にみせるコツです。

 

 

膝から裾に向かってスリムに仕上げているため脚長に見えます。

 

 

ヒップ、わたり(太もも廻り)は少しゆとりを持ち、膝から裾にかけて細くすれば、わたりと裾で太さに差ができ、スラっとした脚長な印象を作ることができます。

太もも廻りはゆとりを持っているので、動きにくさを感じることはなく、着心地の良さも実現できます。

 

最近、クラシック回帰の流れでプリーツ(タック)入りパンツが復活してきています。プリーツを入れることでやや太ももにゆとりを持ち、テーパードシルエットに仕上げればさらに脚長に見せることができます。

 

 

プリーツ入りパンツです。

 

 


パンツは印象を整える意味でとても大切なアイテムです。少しの工夫で脚を長く見せることができます。オーダーメイドであれば自由に工夫することが可能です。

 

私は、自分の脚が短いため工夫をしてきた経験と、パンツ専業のメーカーに7年勤めていた経験があり、寸法のバランス設定に自信があります。

 

また、そんな経験を活かしこれまでアプンティートのお客様のパンツをお仕立てし、

 

「何か脚が長く見えますね!」
「ホントにスラッと見えますね!」
「パンツが違えばこんなに変わるんですね!」

 

と気に入っていただいていることによりさらに自信が深まりました!


単品パンツのリピートオーダーをしていただくお客様も多数いらっしゃいます。

 

脚を少しでも長く見せたいという方は、ぜひ一度ご相談ください!

 

 

愛知県名古屋市東区葵

経営者専門オーダースーツサロン Appuntito(アプンティート)

代表 高田総一郎