スーツの寿命と買い替えタイミング

お客様からのお問い合わせ

 

こんにちは!アプンティートの高田総一郎です。

 

スーツを通して経営者の皆さまに自信をお届けし、

その自信をビジネスに活かして頂くことで、

事業発展のサポートをさせて頂いております。

 

 

「スーツは大体何年ぐらい着れるものなんですか?」

 

先日、お客様から聞かれました。

 

これは、取り扱い方、着用頻度や回数等により、消耗に個人差があるため、一概に言えないというのが答えになります。

 

ただ、明確な寿命の時期というものがありますので、それについて書かせていただきます。

 

 

生地がテカリ始めた頃が寿命

 

着用を重ね、生地が傷んできますと、パンツのお尻、太ももの裏部分などにテカリが出てきます。

ほつれや破れに関しては直すことができても、テカリに関してはどうしても修正することができません。

これがスーツの寿命の時期だと言えます。

 

生地がテカっているスーツを着ていてはとてもダラシない印象を与えてしまいます。

 

※個人差はあると書きましたが、上質な素材であればそんな簡単にテカるものではありません。

 


テカリの原因とは?

 

ウール表面を構成している繊維が擦れて壊れることによってテカリが生じます。

 

1回の着用で表面の繊維が壊れてしまうということは無いと思いますが、着用後は少なくとも繊維が開いた状態であり、壊れやすい状況にあります。ウールの特性上、時間が経てば元に戻るのですが、このまま着用を重ねると繊維が壊れテカリに繋がっていきます。

 

 

表面に凹凸がある素材はテカリにくいです。

 

 

1日着たら最低3日は休ませるというローテーションをお勧めするのは、表面の繊維を守るためでもあります。

 


テカリが目立ち始めたらそのスーツを捨て、新しいスーツに買い換えていただくことをお勧めします。

 

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

愛知県名古屋市東区葵

経営者専門オーダースーツサロン Appuntito(アプンティート)

代表 高田総一郎